洗顔料 固形石鹸

洗顔用・浴用の固形石鹸がニキビ肌の洗顔料としてオススメ!

洗顔料にも様々な種類がありますね。【クリーム・泡・パウダー・リキッド】などあり、ニキビ用としてどれがいいのか迷ってしまう人も多いと思います。最終的には選ぶポイントは形状ではなく、成分になってくると思います。

余分な成分が入っていないこと。またしっかりと皮脂汚れや脂汚れを落とせるタイプが最適です。

ですが、形状により成分にも偏りがあったりしますので、選ぶときの参考にしてみてください。また浴用の固形石鹸タイプは油分が少なく、肌に油分を残さずにスッキリと汚れを落としてくれます。

浴用タイプでは洗顔料の刺激が強すぎるという人は、洗顔用の固形石鹸(ノンエー)などを選ぶと良いとですよ。

タイプ別の洗顔料の特徴

クリームタイプ 洗顔用固形石鹸 浴用固形石鹸
肌に優しいイメージがありますが、油分が多めなのが難点です。オイリー肌の人にはオススメできません。 乾燥肌の人には浴用よりも洗浄力が弱いため、肌がつっぱりません。弱酸性でなくてもOK 浴用タイプは余分な成分などを含みません。洗浄力が強いものもあるので、選ぶ際は注意が必要。
パウダータイプ 泡タイプ リキッドタイプ
パウダータイプは洗浄力が強めです。お肌の弱い人は注意が必要になってきます。 余分な成分が入っている場合が多く、お肌への刺激になる洗顔料も多くあります。 リキッドタイプはしっとり系になります。油分も多く洗浄力も弱めです。乾燥・敏感肌の方にオススメかな。

洗顔料の泡立ての豆知識

手で洗顔料の泡立てが苦手な人は泡立てネットやスポンジを活用すると思います。これを使うと簡単にたっぷりとした泡が立てられますよね。

しかし、泡立てすぎるのも、あまり良くありません。泡がクッションになる程度で十分なのです。

泡立てよりも、顔を濡らした状態で、泡立てに時間を使うほうが、悪影響になります。顔がを濡らしたままですが、肌が乾燥していきます。泡立てはほどほどにして、素早くやさしく洗顔しましょう。