ニキビ ケア 保湿

ニキビ初期のケア方法|油分を抑えて保湿をたっぷりと!

ニキビができてしまった時の初期ケア方法を紹介します。初期症状で正しいケアをすることで悪化することを最小限に抑え、早い段階での処理ができます。

まず化粧品の油分はアクネ菌の栄養源になってしまうので、どんな種類の油分でもつけすぎないように気をつけましょう。一方で水分はたっぷりと与えることが重要です。肌が乾燥すると毛穴の出口の角質が厚くなってしまい、毛穴のつまりがひどくなる原因となります。

固形石鹸(ノンエーなど)による洗顔で皮脂をしっかりと洗い落としたあと、皮脂分泌をコントロールしてニキビを抑える作用のあるビタミンC誘導体配合の化粧水をたっぷりとつけましょう。

その後は、肌の潤いを保つ為に、ヒアルロン酸やセラミド配合の油分の少ない保湿美容液などでしっかりと保湿をします。

化粧水はビタミンC誘導体のものを・・・

ビタミンC誘導体には皮脂を抑えるほかに、赤いニキビ痕を薄くする作用もあります。洗顔後に手で優しく、押さえるように肌になじませることがポイントです。

美容液はヒアルロン酸やセラミド配合のものを・・・

セラミドやヒアルロン酸を配合した美容液でしっかりと保湿をこころがけましょう。保湿することで毛穴の角化異常が抑えられ、ニキビを抑制できます。

つけ方は化粧水と同様で、手で優しく押さえるように肌になじませることがポイントです。