大人ニキビ 原因

大人ニキビの最も大きな原因!

ニキビは皮脂量の多いせいでできると思っている人も多いのではないでしょうか?10代の頃のニキビは余分な皮脂があるせいでできるのが大半になります。

しかし、20代以降のニキビはオイリー肌じゃない人でもニキビはできています。皮脂が多い部分よりも、アゴなどの乾燥している部分にできているのも特徴だったりします。

大人ニキビの多くの原因はホルモンバランスや免疫力が低下していることが大きな原因と考えている人もいます。どうやら免疫力が低下傾向にあると、ニキビの原因菌でもあるアクネ菌が過剰に繁殖をするようです。

ホルモンバランスや免疫力の低下を起こす原因は、不規則な生活やストレスに起因することが多いそうです。

大人ニキビの主な原因とされるもの

  • ストレス
  • 食生活の乱れ
  • 睡眠不足
  • 運動不足
  • 生活リズムの乱れ

こういったことに心当たりがあって、ニキビができているなら、ホルモンバランスや免疫力が低下している可能性があります。

ホルモンバランスとニキビの関係は?

大人ニキビができる最大の要因はホルモンバランスの乱れと言われています。

ニキビは毛穴が角化異常を起こして発生しますが、これには男性ホルモンが関係していると言われています。

しかし、実際にはニキビ患者の男性ホルモン指数を計っても高くなっていることはあまりないそうです。検査でわかるような異常ではなく、不規則な生活や食生活などでの、わずかなホルモンバランスの乱れだけでも大人ニキビはできるようですよ。